Menu

ASJアスリート
岡田麻央が教える!
いろんなドリブルに挑戦しよう!

編集部

ASJ(アスリートセーブジャパン)アスリートの岡田麻央さんに、バスケットボールの基本となるドリブルについていくつもの練習方法を教えてもらいました。

1. サイドドリブル

バスケットボールの基本となるサイドドリブル。左右それぞれ同じようにドリブルができるよう練習しましょう。

1)体の右側で大きくボールを突きます。ボールは見ずに前を見て約1分間ドリブルをしましょう。

2)逆の左側でも同じようにボールを約1分間突きましょう。手にボールが吸い付くのを感じることがポイントです。

2. フロントチェンジ

体の前を左右にボールが行き来するよう片手でドリブルをしましょう。

1)手を返しながらボールを迎えにいくイメージで、体の前でボールを左右に突きましょう。ボールが床についたときだけ手を離すのがポイントです。

2)逆の手でも同じようにボールを突きましょう。できるだけ大きく突き、体全体を使うことがポイントです。目線はずっと前向きを維持しましょう。

岡田麻央さんのここがポイント!

手首を返しながら、地面に強くボールを突き、手のひらにボールが吸い付く感覚を覚えましょう。

3. フロントチェンジ(前後)

さきほど練習したフロントチェンジを今度は体の横で前後にボールを突きながら練習しましょう。

1)体の左側でボールをまっすぐ前後に突きましょう。手首を返しながら突き、ヒジが曲がらないよう注意しながら突くのがポイントです。

2)逆の手でも同じようにボールを突きましょう。このドリブルでも必ず目線はずっと前向きで!

4. フロントチェンジ(両手)

フロントチェンジの両手バージョンです。ここでも目線は必ず前を向いて大きい動作を心がけましょう。

1)両手を使いながら、体の前でボールを左右に突きましょう。片方の手で突くときに逆の手でボールを迎えに行くよう手を体の前に持っていきましょう。

2)手の中でボールが回っているのを感じるのがポイント!体をボールと一緒に振りながら突いたり、体と逆にボールを突くなど、さまざまなバリエーションを試しましょう。