Menu

ASJアスリート
岡田麻央が教える!
バスケットボールのドリブルのコツ

編集部

ASJ(アスリートセーブジャパン)アスリートの岡田麻央さんに、はじめてバスケットボールをする子や、最近始めた子に向けて、バスケットボールでとても大切なドリブルについて教えてもらいました。

指を1本ずつ使ってドリブルをしよう

すべての指に神経を働かせ、ボールをコントロールしやすくするために、両手の指を1本ずつ使ったドリブルを練習しましょう。

1)しゃがんだ体制で利き手から指を1本ずつ使ってドリブルをしましょう。最初はボールを見ながらでOKです。

2)逆の手でも同じように指を1本ずつ使ってドリブルをできるように練習しましょう。

3)慣れてきたら、失敗しても良いので前を見ながら指を1本ずつ使ってドリブルをしてみましょう。

1)〜3)を繰り返し。すべての指を使いながらドリブルをするということを感覚として身につけましょう。

パワーポジションでボールを強くつこう

ドリブルは最初から地面に強くボールを突くことが大事です。バスケットボールの基本姿勢であるパワーポジションでボールを強くつく練習をしましょう。

1)肩幅に足を開き、お尻を後ろに突き出し、膝はつま先より出ないようにすることで、パワーポジションの姿勢をとりましょう。

2)手をしっかりと広げ、肩からボールをしっかりつきましょう。できるだけ強くつくことがポイント。

3)ボールが離れているのは床についているときだけという感覚を持ち、それ以外のときはずっと手についているイメージでドリブルをしましょう

岡田麻央さんのここがポイント!

ボールをつくときは、必ず前を向きながら練習をしましょう。最初は失敗しても大丈夫です。