Menu

池田信太郎さん
オリンピックまでの道のり

編集部

中学時代は部活動よりクラブチームの練習が中心

── 中学生の頃はどんな選手だったんですか?

池田地元の中学に進学しましたが、バドミントンの練習の中心は小学生の時と同様、地元のクラブチームでした。なので、もちろん中学校でもバドミントンの部活に入りましたが、チームメイト皆がそれぞれ別のクラブに所属していたので部活ではバドミントンの練習はほとんどしませんでした。

── 何をやっていたのですか?

池田基本は部活の時間はほんの僅かだったので、少しシャトルを打ったり、たまにはレクレーションでカラーバットで野球もしたりしていました。笑

── 中学時代、実力的にはどうだったのですか?

池田挫折の時期でしたね。県でめちゃくちゃ強い人がいてどうしても勝てなくて、県でいつも2番。九州大会でベスト8止まり。全国には行けませんでした。小学校の時は九州大会3位だったかたら「全国は楽勝!」みたいに軽く考えていたので良い薬でしたね(笑)

── 普通の人からしたらもちろん凄いけど、確かにこの時点ではオリンピックに出場するイメージはないですよね。

池田そうです。まだこの時期は全然オリンピックなんて全く考えていませんでしたよ。

団体戦で責任感が芽生え、飛躍の高校時代

── 高校はどこに進学したのですか?

池田福岡県で一番強い九州国際大学付属高校に進学しました。この高校のバドミントン部の創部には父が関わっていたので、そんな縁もあり、ここに決めました。ただ全国的にはそこまで実力校ではなかったので、インターハイに出場し、上位進出するような高校ではなかったです。

── 高校入学後はどんな感じでしたか?

池田1年生の時から団体戦に出させてもらって、2番手とか3番手くらいの位置を任されました。団体戦を勝利に導くポイントを取らなくてはいけない重要なポジションでした。先輩たちは熱くて「全国行こうぜ!」と。自分はというと、俺負けたら行けないじゃん!(笑)と今までちゃらんぽらんだっただけど、初めて責任感というのが芽生えましたね。それからは、結構真剣に練習しました。
で、1年生の時に団体で全国大会出場を決めました。

── 自分のためにはあまり頑張りきれなかった池田さんが団体戦で責任感芽生えるって良いエピソードですね。
そのあとは順調に強くなったのでしょうか?

池田インターハイに出場できたけど、もちろんその時は勝てなくて、先生の指示で準決勝、決勝の試合を勉強のために見たんですよ。その時に初めてこういう舞台に立ちたいと思って。格好いいなってね。それから練習しました。自主練も自分からするようになって。成績に関して初めて本気になりましたね。

── 目標ができたんですね。その後どうなっていったのでしょうか?

池田高校2年の冬に開催される全国選抜大会で団体戦で決勝まで行くことができました。
ちなみに試合の勝敗はポイント5つのうち、3ポイント取ったチームが勝ちで、シングル3本、ダブルス2本なんです。同期の奴がかなり強かったので、「俺とお前でシングル2勝、俺とお前のダブルスで1勝組すれば決勝いけるんじゃねー。」っていつも話していて実現できたんですよね。
高校での最高成績はこの時の団体2位、個人戦も3位でした。3年生の夏のインターハイでも団体ベスト8、個人3位という結果で高校生活を終えました。

── 素晴らしい成績ですね。高校で一気に成長したんですね!

今の自分の基礎を作った筑波大時代

── その後筑波大に進学されるのですよね?なぜ筑波大を選んだのですか?

池田お陰様でいろんな大学から誘ってもらえたのですが、自分の性格上、東京だと誘惑に負けてしまう自分がいるなと(笑)あと、寮生活は嫌だっていうのもありまして(笑)
筑波大はこの条件に当てはまったとの、もちろんバドミントンも強い、スポーツを科学的にそして合理的に見ることができるのと、教員免許も取れるなど自分の理想に近い大学だったので選びました。あとは上下関係の理不尽な文化がとても嫌いだったので、筑波大学は最低限の気配りや配慮はありましたが、いわゆる過度な上下関係はなかっのでそれも選んだ理由の一つです。

編集部── 誘惑に負けるというの心配する一方で、ちゃんと勉強したいというのは池田さんらしいですね。
大学でのバドミントンの成績はどうだったのですか?
また進路については?

池田成績は4年のインカレ2位が最高成績でした。進路については日本代表にもなれていなかったしオリンピックの「オ」の字もありませんでした。なのでバドミントンを辞めて地元で高校の教師になろうかと考えていました。

編集部── オリンピックに2度も出た池田さんが大学でバドミントン辞めることを考えていたなんて意外です。

ダブルスの才能が開花しオリンピックが見えてきた社会人時代

── 結局卒業後に運命の日本ユニシスに就職するんですよね?

池田はい。バドミントンを続けるなら日本ユニシスって決めていました。4年生の夏頃には教員になろうかなと思っていましたが、あいにくうまく話がまとまらず、その後現役の道も少し模索しましたが最終的に就職先は決まらなかったです。その矢先、12月の全日選手権でユニシスの当時のコーチがインカレでの自分のプレーを見て気にかけてくれたんですよね。それで先方から連絡があり拾われたような形でユニシスに入りました。

── 当時のコーチは見る目がありますね。ユニシスに入ってからはどうだったのですか?

池田入ってすぐにコーチから「お前はセンスあるから、ダブルス一本に絞って磨け」と言われたんですよ。シングルとダブル両方やってたんですがこの一言で吹っ切れました。そしたらいきなり外国人枠の人と一緒にペア組んで試合出て、その辺りから一気に成長しました。

── シングルとダブルスって全然違うのですか?

池田全く違いますね。100メートルと高飛びくらい全く違うものです。
一人がゲームを作るマメージメント。もう一人は献身的に後ろで相手のシャトルを打ち返す役。体力も相当必要です。守りも攻撃も兼ねます。前衛のマネージメントは後ろの人間が打ちやすいような仕掛けをしたりゲーム全体を俯瞰して組み立てる役です。自分は前衛の選手で基本はゲームの組み立てという役目でした。
結構ゲームメークって難しくてできない人にはできない。できる人が限られているんですよね。ゲームメークによってプレイの優位性も試合展開も変わるので責任も重大です。

── ダブルスでも司令塔のマネージメントが自分に合っていたと?

池田1年目か2年目で先輩とのペアで全国の社会人大会で優勝しました。
日本ランキングも3年目ぐらいで3位くらいまでになりました。
ダブルスに絞ってゲムーを組み立てる役目をやることにコミットしてから、今まで凄く強いと思っていた選手に勝てるようになってきて、もちろんトレーニングも相当しましたよ。自分の中で確かな手応えを感じていました。

日本男子史上初のメダル獲得!オリンピックが見えてきた!

── ようやくオリンピックが見えてきたのではないですか?

池田アテネオリンピックが終わったあたりに日本代表のコーチから自分だけ代表合宿にピックアップされたんです。すぐ代表になれるわけではなく、この合宿の中で絞られていくのですが。この時25歳ぐらいだったかな。日本代表になり、『もしかしたらオリンピック行ける可能性がある』と思った最初のタイミングですかね。

── その後どんな活躍を?

池田2007年に世界選手権男子ダブルスで3位になりました。日本男子史上初の銅メダルを獲得しました。これは自分にとってはかなり大きかったですね。
歴史と伝統がある全英オープンも3位になって。世間も周囲の期待も相当高まりましたね。

── 日本男子史上初!歴史を作られたんですね。

初めてのオリンピック

── 初めてのオリンピックの舞台ではどうだったのですか?

池田あっという間に終わりましたね。イメージ30分くらいです(笑)
初戦の相手はマレーシアの選手で、もちろん強い選手だったんですけど世界選手権で3位になった時に対戦して勝利していたのでいいイメージはあったんです。しかし、試合早々に結構なリード奪われて、流れを引き寄せることなくそのまま負けちゃったんです。前評判ではメダル候補としても期待されていたのでショックでしたね。

── オリンピック特有の雰囲気とか難しさがあるんですね。
その後4年後に潮田選手との男女混合でまたオリンピックを目指し見事オリンピックの切符を勝ち取るんですよね?

池田男子ペアでやる以上他の選手とのペアというのは考えられなくて、直後は目標もなくモチベーションを保つのも難しかったです。やはりスポーツって目標なく頑張るのは難しいですよね。そんな時に地元の高校の後輩でもある潮田とペアを組みオリンピックを目指すという新たな目標ができたんですよね。オリンピックでは残念ながら予選で敗退してしまったんですがね。

── オリンピックに2大会連続で出場したことが偉業です。

オリンピックとは

── 長時間オリンピックに出場するまでの道のりについてお話しいただきました。オリンピックに出て思われることをお聞かせください。

池田オリンピックに出て素晴らしいとか、勝ったとか負けたとかあるんですけど、そこまでのプロセスが一番大切だと思っています。やはりオリンピックというこの一つの大きなトピックに向かう途中で様々な挫折や歓喜を味わいながら人として歩んでいくプロセスにこそ価値があると思います。
あと、才能と努力で言えば才能4努力6くらいの比率で十分オリンピックは目指せると思います。
才能だけで言えば自分より上手い選手はたくさんいました。やはり才能だけではなく、努力だったり人の話を聞くとか、真剣に競技に向き合うことも凄く重要です。
自分もとにかく自分のプレーに対するアドバイスを求めて多くの人にアドバイスをいただきました。
いいトレーニングは何か?常に追い求めていましたね。
また、ダブルスなのでパートナーとのコミュニケーションも大事です。
これはチームスポーツでも同じだと思います。コミュニケーション能力が高いことも求められる要素ですね。

スポーツは子供の成長ツール

── 最後に小学生の子供たちやお父さんお母さんに一言お願いいたします。

池田スポーツは子供にとって凄く良い成長ツールだと考えています。なぜかというと、どんな子供も中学、高校と成長すると必ず何か自己実現したいことや達成したいけど達成できないというシチュエーションや壁に向き合います。
ある程度大きくなってから挫折を味わうのではなく、そうした事を小学生のうちにスポーツを通して悔しい気持ち、達成感などを疑似体験しておくと中学、高校、また先の大人になった時に必ず役立つと思います。スポーツは体だけでなく、心の成長にきっと繋がると思っています。
なので、是非、自分の好きなスポーツを真剣に取り組んでください。今後も子供達のスポーツ活動を応援していきたいと思います。