Menu

ファンスポ!ドリーム
アスリートオンライン交流会報告③
新鍋理沙さん

 

コロナ禍で大変な状況の小学生スポーツチームを応援するためにアスリートがオンラインで交流する本企画。
https://www.funspo.jp/dream/zoom.html

2020年9月12日
元女子バレーボール日本代表の新鍋理沙さんと小学生バレーボールチーム3チームが交流を深めました。時間の許す限り多くの質問に応えてくれました。その一部をレポートします。

─ 試合で緊張しないためには
新鍋緊張が悪いわけではない、ガチガチになるようなものではない適度な良い緊張はOK。
今まで練習してきたことを信じて、自分のプレーの良いイメージを持つ事で過度な緊張は防げると思います。

─ 苦手なプレーを克服するには?
新鍋得意(好きな)なプレーを伸ばす!
苦手を克服するよりも自分の長所、好きなプレーを伸ばす方が特に小学生の時は良いと思います。

─ 好きな、大事にしている言葉
新鍋チャンスの神様の前髪を掴め(日本代表中田久美監督の言葉)
この言葉大切に選手時代は頑張っていました。

─ 最後に参加者への新鍋さんのメッセージ
今日みんなと繋がることができて楽しかったです。ありがとう。
コロナで大会がなくなったり、大変な事が多いと思いますが仲間と一緒にやってきたことは無駄ではなく、次に必ず繋がります。
自分の中でどんな選手になりたいかなど、自分で目標を持って、今できることをやってバレーを楽しみながら頑張ってください。

ファンスポ!新鍋さんの言葉を真剣にメモを取りながら聞く子供達の姿が印象的でした。コロナで大変な状況なはずなのに、質問内容もバレーボールへの姿勢も前向きな子供達に逆に勇気づけられました。子供達のスポーツを楽しむ環境を大人がしっかり守らなくてはと改めて思いました。

守ろう小学生スポーツ!

新鍋理沙

★日本代表
ロンドンオリンピック銅メダル(2012)
バレーボールアジア選手権MVP(2017)
★久光製薬スプリングス
最高殊勲選手賞、最優秀新人賞、Vリーグ栄誉賞など数々の賞を受賞
現:SAGA久光スプリングス株式会社 所属

参加者のコメント

WING 8監督
新鍋理沙さんのお人柄が伝わってくるほんわりとした楽しい時間を過ごさせて頂きました。毎年前の代の6年生を目標に次は自分たちの番と張り切って最後の年に臨む新チーム6年生ですが、コロナで自粛になってしまい試合は全て中止、練習すらできない日々が続きました。
そんな中で新鍋理沙さんが6年生にかけて下さった「努力は決してムダにならない」という言葉が子どもたちもですが、保護者の心に深く響いたと、終了後にいくつも連絡が来ました。心に残る思い出を本当にありがとうございました。

城西JVCの参加小学生のメッセージを
一部ご紹介
さき(5年)
新鍋さんが言っていたように誰かが失敗しても、みんなで明るい雰囲気をつくっていけるといいなと思いました。なので、自分も声を出そうと思います!
いちか(6年)
試合中になんて声を出せば良いかわからなくて声がでなかったけど、その少しの言葉が大切なのがわかったし、「神様の前髪をつかめ」という大切な言葉を持っていて、自分たちも、大切な言葉を作ったりするのも良いと思いました。
たくさんの回答をプレーに生かしてこれからもっとうまくなりたいです。
まさや(6年)
苦手な所は得意なプレーで生かす、セッターへ優しいボールを返すというアドバイス勉強になりました。
ハンナ (5年)
新鍋さんに質問する事が出来て、自分の欠点を見つけ知っている事だけでもスゴイと褒められて嬉しかったです。
欠点が分かっているなら、意識を必ずすれば良いのではないかと言われました!
他の人の質問も勉強になり、たくさんメモを取ったので、読み返して自分にも取り入れられるようにしたいです。

参加チーム

・WING8
https://www.funspo.jp/team/info/2020090610191446
・城西ジュニアバレーボールクラブ
https://www.funspo.jp/team/info/2020090222441630
・MIRACLE・FVC
https://www.funspo.jp/team/info/2020090313300939