Menu

ファンスポ!ドリーム
アスリートオンライン交流会報告①
池田信太郎さん、栗原文音さん

 

コロナ禍で大変な状況の小学生スポーツチームを応援するためにアスリートがオンラインで交流する本企画。
https://www.funspo.jp/dream/zoom.html

2020年8月29日
元バドミントン日本代表の池田信太郎さん、栗原文音さんと小学生バドミントンチームが交流を深めました。
参加してくれたのは北海道の2チームと茨城のチームの合計3チーム。

・試合で緊張しないためには?
・小学生の時期に必要な練習は?
・オリンピックで1番の思い出は?
などなど一生懸命に考えた子供たちからの質問に真剣に答える2人。時にはユーモアを交えながらの交流は大変盛り上がり、オンラインでもあっという間に終わってしまいました。

池田さんの試合で緊張するのは相手に勝とうとかこの点決めるとか、相手を意識するから。試合には自分の100%を出すことだけ考えればいい。それで負けてもいいじゃないか。相手ではなく自分のパフォーマンスを100%出すことの大切さを伝えたり、
栗原さんも小学生の時はもっと自分を褒めてあげていい。緊張したらとにかく相手のコートにシャトルを返す事だけ考えればいい。そのうち落ち着くからと。子供の目線に合わせながらも素晴らしいアドバイスに子供たちも真剣に聞いていました。

コロナ対策に猛暑。子供たちのスポーツを取り巻く環境やそれを支える親やコーチも本当大変だと思います。
是非負けずに頑張ってほしい。
今日の交流会を経て、子供たちの笑顔に触れて応援する気持ちがさらに湧き出てきました。小学生スポーツを応援することが未来のスポーツ界の発展に繋がる。

守ろう小学生スポーツ!

池田信太郎さん

福岡県出身 1980年生まれの松坂世代。
お父さんの影響で小学生のころからバドミントンをはじめ、大学まではシングルスの選手として活躍し、社会人に入ってからダブルスに転向。
世界選手権では日本男子初の銅メダルを獲得します。
その後、ダブルスで北京、潮田玲子さんとの混合ダブルスでロンドンとオリンピックに2度出場。
日本人初のプロバドミントン選手として活躍しながら2015年に惜しまれつつも現役を引退されました。
現在は、企業のコンサルタントを務めるなどビジネスの世界で活躍中。

栗原文音さん

1989年福岡県北九州生まれの30歳。
9歳からバドミントンを始めて実力を積み重ね、高校生の時には世界ジュニアのシングルスでベスト8進出。
高校卒業後は日本ユニシスでプレー。国内外、数々の大会で好成績をおさめます。
ミックスダブルス転向後2016年リオデジャネイロオリンピックに出場し、日本人初となるベスト8に進出。
惜しまれながら2019年12月に現役を引退。

参加チーム

・あすなろ
https://www.funspo.jp/team/info/2020082719444643
・ノーススタージュニア釧路
https://www.funspo.jp/team/info/2020082715222188
・NBDジュニア
https://www.funspo.jp/team/info/2020072718145496